×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

典型的パリジェンヌベンちゃんのじっくり動画天国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.いっき
2.遠藤賢司
3.プライマル
4.4分の3症候群
5.漫画カメラ
6.あきづきりょう
7.銀河パトロール
8.ABCホーム.
9.エリック・カルメン
10.深谷陽

Complete Best intermezzo ベストと称するだけあって多彩な曲目と、多彩なテクニックを鑑賞できる一枚。
諏訪内さんに、どの作曲家からアプローチすると、気があいそうなのかを探れるような構成。
ストラデイバリウスの高音の響きもしっかり堪能できます。
DVDもついていて、諏訪内さんにちょっとだけ近づけたような気がします。お得です。
この華麗さと力強さが彼女の魅力の一つですね。すばらしい。

林芙美子・宮本百合子 (講談社文芸文庫) おとこ出入りの激しかった林芙美子。林文学の特質を語るにあたり、著者は「お母さんとの奇蹟としかいえない固い結びつき」から話を始める。母は「馬鹿でも白痴でもない明治女が、やけからでも頽廃からでもなく、周囲をかえりにずに、これだけ性の乱舞を敢えてしていることも、常識的な貞操観念の問題としてだけでは、批判できない錯雑した要素を考えさせる」。この「男性のよさを深く知ってその海に溺れた女」である母と「いつも空しいものを握らされて地団駄を踏んだ。そして結局飢えたまま世を去った」芙美子。母は駆け落ちした20歳年下のテキ屋と関西から四国九州を芙美子を連れて流れ歩く。芙美子に「故郷はあってもないに等しいある種の社会的アウトサイダーの意識が養われて行ったことを、彼女の生涯に重く見たいのである」。

留守宅を訪ねた平林に、おかみさんが傍によって来て「お客さんを連れて来てもいいですよ。となりがあいていますから見てごらんなさい」とささやく。性的放縦は「今度こそ身売りをして金をこしらへ」と自作の詩に詠うのだから芙美子自身が認めるところで、その点、売れない詩人だったころ同年輩の文芸仲間だった平林も五十歩百歩だった。芙美子は「庶民のなかの庶民でありながら自分の能力を伸ばした女性である。がその能力は、芸術の能力であったのと一緒に、人をアッとおどろかせるほどの身持の放れわざだったともいうことになる。」平林がそこで思うに「ある種の社会的束縛が、その女性の前途を遮らない場合には、女性の「解放」は、まず性的な事柄からはじまるものではあるまいかということである。それがだんだん昇華して学問や芸術や科学の領域にひろがるまでに、女性は「男なみ」の実感を得ようとして一番さきに、この解放感を求めるのではないか」。芸術家を育てる風土が枯渇している日本で「自己の芸術素質を養うためには、自分に頒かたれた公平な一人分の生活権ではとても間に合わない。何かしら一と癖あって、抽象的なものか具体的なものかで、他人のものを侵すだけの衝動なり要求なり、勇気なりがあり、侵し得た人間こそ、それによって養った豊かな素質を祝福されるのではあるまいか」アウトサイダーからインサイダーへと転じた芙美子は、「物質的にはいつも他人に侵される敗者だったが、精神的には、他人に侵される隙がない所(どころ?)か、どしどし侵す勇者だったのである。芙美子の没後、女性作家が芙美子を評した「実際の人より小説の方がずっとよろしい」を著者は共感を込めて記す。

40数年前の執筆時には残存していた性規範(「キズものは嫁に行けないという」)は今やない。性的解放からはじまる女性解放が「昇華して学問や芸術や科学の領域にひろがるまで」に至っているか泉下の平林はどう評価するだろうか。

[同人PCソフト]東方星蓮船 ~ Undefined Fantastic Object. 東方をある程度プレイしてる方はまぁまぁだろうとは思うんですが、初心者はやめといたほうがいいかと…。
とにかくベントラーがうざい。うざすぎる。
EXのぬえは簡単っていわれますけど、それまでの道中がきつい…。
ベントラーをとらないとエクステンドできないから、それで被弾したりもしてしまう。
正直一番めんどくさい東方シリーズかな…。弾幕、キャラはvery good!

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!